大人にきび

にきび跡を残さないためには

自分でできるケア

自分でできるケア

にきびにおいて一番の悩みが、炎症を起こした赤みや色素沈着、クレーター状の凸凹などの跡が残ってしまうことです。
特に大人になってから出来る大人にきびは新陳代謝(ターンオーバー)が衰えてくることから治りにくく、跡が残ってしまいがちです。
にきび跡の対策として、状態にもよりますが、少しでも目立たなくさせ、肌の調子を整えることが必要です。
新しくにきびを作らせない肌環境を作りましょう♪
まず、サプリメントの摂取で内側からビタミンB,Cを補給して、衰えてきたお肌の新陳代謝を活発化させましょう。
そして、ビタミンC誘導体や、プラセンタなど、メラニンの生成を抑制して肌の再生を促し、にきびができにくい肌に整える成分を含んだ化粧水や美容液を使って、にきび跡をケアしながら、新しいにきびができる環境をなくしていくことが大切です。
3食きちんと栄養バランスの取れた食事を続け、なるべく油ものは控えましょう。
そしてゴールデンタイムと呼ばれる、午後10時から午前2時の奇跡の時間!
成長ホルモンが1日の中で1番活発なときなので、お肌のダメージを修復してくれます。
この時間を逃すことなく、しっかり睡眠を取りましょう。
また、ピーリング石けんでの洗顔もシミのようになった赤みや茶色い色素沈着してしまったにきび跡に効果があるようです。
毎日、地道にスキンケアを続けて、「にきびの出来にくい肌」を目指しましょう。