大人にきび

にきび跡を残さないためには

紫外線対策

紫外線対策

にきびというのは早い時点でケアをしていけば、跡が残らないので気にしなくてもいいのですが、にきびが広い範囲に広がってしまったり、繰り返し出来てしまう事によって、デコボコのニキビ跡が残ってしまう事があるとお話しましたね。
このようなにきびやにきび跡がある肌は、紫外線に充分に注意しなくてはいけません。
特ににきび跡は皮膚が傷ついているので、刺激に対してたいへん弱くなっていて、しみ そばかすの原因にもなります。
にきびを保護するために、季節に関係なく紫外線対策をすることをオススメします。
紫外線にはUVA・UVB・UVCの3種類あって、これは太陽の光に含まれていて目には見えません。
UVAは肌の奥まで入り込む波長が長い紫外線で、肌のヒアルロン酸を分解する作用があるのです。
この作用により肌の水分が保てなくなり、肌が乾燥するのでにきび跡が残ってしまうということです。
それだけでなく、真皮まで届くので、肌の弾力をもたらしてくれるコラーゲンなども壊してしまうことになるのです。
UVBはUVAと比較すると波長は短いのですが、長く浴びることで有害物質である過酸化皮質や活性酸素などが発生してしまいます。
そして、メラニン色素を生成する働きもあり、これがにきびを炎症させてしまい、にきびの跡に色素沈着が起こり、にきび跡として残ってしまうのです。