大人にきび

HOME → 大人にきびと思春期にきびの違いとは?

大人にきびと思春期にきびの違いとは?

大人にきびには特徴があるというお話をしましたが、では大人にきびと思春期にきびの違いとは一体何なのか、気になるところですよね。
具体的な違いをお話したいと思います。

思春期にきびとは

思春期にきびとは

思春期にきびは、9〜18歳の年頃に子供の体から大人の体へと変わる「第二次性徴」によるホルモンバランスの変化によってできるにきびのことを言います。
なにも特別なことはなく、この第二次性徴のころには誰しも少なからずにきびはできてしまうものです。
思春期のころは男性も女性も男性ホルモンが活発になり、皮脂の分泌を増加させます。
よってオイリー肌になりがちなのですが、皮脂を取ろうと何度も洗顔したり、オイルフリーの商品を使うなど、間違ったスキンケアを続けると思春期を過ぎても治らず大人になっても発症してしまいます。
思春期にきびでも顎にはできたりはしますが、できる数や治り方が大人にきびとは異なってきます。
でも、思春期にきびの大半は成人を過ぎる時には自然と治まります。
気にし過ぎるとイライラしてしまいストレスが溜まってしまうので、気にしすぎることのないようにいつもリラックスした楽しい気持ちで過ごせるように心がけましょう。

大人にきびとは

大人にきびとは

大人二キビは20歳以降の方に多発し、よくあごや首などにできます。
あご、口周囲、頬、鼻が大人にきびが主にできる場所となっています。
女性に多いですがあご、顎下から首、口周囲に多く出来ていませんか? あご周囲や首、口周囲は目に着きやすい場所ですよね。それは大人ニキビかもしれません。
大人になると皮脂の質と角質の衰えが主な原因になります。
仕事で不規則な生活習慣、一人暮らしで偏った食生活、職場の環境や人間関係のストレスの影響で皮脂の質を悪くしてしまいます。
また、水分を保っている角質の働きが悪くなるため、皮脂の分泌が多いのに、乾燥した肌状態で大人にきびが発症します。
大人にきびは治ったかのように見えて、繰り返しできます。また一年中できているのが特徴です。