大人にきび

HOME大人にきびの原因 → その他の要因

大人にきびの原因

その他の要因

その他にもいくつか原因がありますので、ご紹介いたします。

メイク

便秘

実は、「便秘」も大人にきびの原因のひとつとして挙げられているのをご存じだったでしょうか?
便秘そのものがにきびの直接的原因になっているわけではありませんが、十代の頃に比べて便の出が悪くなった…という女性の言葉をよく耳にします。
便秘は、社会に出てライフスタイルが大きく変わったことや、それによるストレスと睡眠不足、またデスクワークなどで一日中椅子に座りっぱなしなど、さまざまな要因から起こるものです。
そして便秘になると、身体の中で活性酸素が発生します。
活性酸素とは、皮膚細胞に直接ダメージを与える肌の天敵です。
活性酸素は肌の毛穴をつまらせ、新陳代謝を鈍らせ、にきびが出来やすい状態を作ってしまうんですよ。
腸内環境を常に調子よく整えておくのも大人にきびを回避するひとつの手段といえるでしょう。
また主な解消法としては、やはり水分と食物繊維をきちんととることが大事です。
その方法とは、朝起きたらまず最初に必ずコップ一杯の水を飲むことです。これだけでもかなり腸の具合が変わってくるので、習慣づけてみるといいでしょう。
また、黒酢やバナナなど、繊維の多く含まれた食物を定期的にとることも非常に大切なので、積極的に摂取するよう心がけてみてはいかがでしょうか。

アクネ菌

メイク

アクネ菌って一体何?って思った方も少なくないはず。
アクネ菌とは、ブドウ球菌と同じように一番多く皮膚に存在する菌のことです。ですから皮膚にとってアクネ菌は、いつもいる菌、ということになります。
アクネ菌は皮脂を栄養にしていて、増殖し過ぎるとにきびの原因となってしまうんです。
そのアクネ菌を抑えるには、正しい洗顔を心がけるのが一番の対処法になります。
正しい洗顔は、ごしごしこする、という事はなく、優しく洗うことにつながってきます。
しかしアクネ菌は無駄に皮膚に常在しているわけではなく、皮膚の酸性度を調整し、弱酸性にたもって、他の病原菌の進入や繁殖をおさえる働きもしているのです。
確かにアクネ菌は、にきびの原因にはなりますが、皮膚にとっては、ある程度なくてはならない存在だということなんです。
では、そんなアクネ菌の対策法とは何なのか、ということになってきますが、肌を清潔に保つ方がよいからといって、洗顔のやりすぎは皮膚の乾燥などのダメージにつながることもある、ということになってしまいます。
正しい洗顔をするよう心がけることは大切ですが、洗顔の数を増やす、というのは正しい洗顔には入らず、逆に肌にダメージを与えてしまう結果になることがあるのです。
洗顔は1日2〜3回が望ましいといわれています。
アクネ菌の性質としては、酸素を嫌い、皮脂を栄養に増殖する、という性質があるので、酸素が少なく、皮脂がたくさんある皮脂腺がアクネ菌の住みやすい場所となります。
アクネ菌は、毛穴がつまって酸素が行き届かなくなった毛穴に付着し、繁殖する、ということがいえます。
毛穴がつまって、嫌いな酸素がない毛穴はアクネ菌が繁殖するには、最もよい場所になってくるわけです。
アクネ菌をケアするということは、固まった皮脂、コメド(白にきび)を赤にきびや黄にきびに悪化させるのをふせぐ効果があります。