大人にきび

HOME大人にきびの原因 → ホルモンバランス

大人にきびの原因

ホルモンバランス

ホルモンバランス

大人ニキビの原因として「ホルモンバランスの乱れ」がよく挙げられます。
生理前後ににきびが発症しやすくなることからも、実際にそのような傾向があるのです。
よく言われるホルモンの影響とは、主に性ホルモン(男性ホルモン)の作用で、ニキビの発症条件の一つである皮脂分泌量の増加が見られるという点です。
しかし、ホルモンバランスの乱れで、ニキビが発症するわけではありません。
正確には「ホルモンバランスの乱れで、ニキビ発症条件が揃い続け、跡が消えにくい状態」が続くわけではありません。
ニキビ自体は湿疹や蕁麻疹のような発疹とは違うもの、なのです。
ニキビは、「毛穴の閉塞、皮脂分泌過剰、にきび菌の増殖」の条件が揃い発症する症状です。
この条件が揃ってしまう「肌」の状態を改善できない限り、ホルモン治療などを行っても、再発は防げませんし、角質層の形成に問題がある場合ニキビ跡がキレイに消えることもないのです。
ストレスや生理などのホルモン分泌バランスの乱れも、大人にきびに大きく影響してしまいます。
ストレスの多いとき、また排卵期から次の生理が始まるまでの間は、皮脂の分泌が過剰になりやすい時期です。
卵巣や子宮など婦人科のトラブルを抱えていると、大人にきびができやすいともいわれています。