大人にきび

大人にきび

大人にきびとは?

いくつになってもお肌の悩みは尽きないものです。
お肌の調子が良くないと、気分まで落ち込んでしまいますよね。
大人になってからもにきびができる・・・という悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか?
それは「大人にきび」かもしれません。
大人にきびとは一体どういうものなのか。気になりますよね。
大人にきびとは、10代を過ぎ20代前半から30代にかけて発生するものをいいます。
にきびは思春期にできるものという考えが一般的ですが、最近では大人になってはじめて発生するというような方も増えてきているんです。
大人のにきびにはストレスやホルモンバランスの乱れ、偏った食生活、睡眠不足などが大きく影響しているようです。
特に就職後から大人のにきびが発生しはじめることが多く、これは仕事上のストレスや多忙による睡眠不足、食生活の乱れなどが影響しているといえますね。
また女性の大人にきびは生理前後になると発生しやすいものも多いようで、それはホルモンバランスの変化による影響と考えられます。
また思春期よりも大人になってからのほうが集中してでき、程度も重症でにきび跡として残るようなものが多いようです。
また大人にきびには年齢による皮膚のターンオーバー機能の低下も関係しているようです。
年齢が増えてくると肌に新陳代謝は衰えてくるので古い角質が剥がれ落ちず、毛穴に詰まったりやすいのも大人にきびの原因のひとつで、大人になって出来たにきび跡が消えにくいのは肌の新陳代謝が衰えているからといえるでしょう。
ですから大人になってから出来たにきびは放置せず、医師・病院で相談するのが賢明といえるのではないでしょうか。

大人ニキビ 薬とケミカルピーリング

大人にきびの症状

大人にきびの症状

大人

何が大人にきびで、何が思春期にきびなのか気になる方もいると思いますが、大人にきびにはいくつかの特徴があります。
口の周りからあご、こめかみ辺りににきびがポツポツできる毛穴が白く盛り上がっている。
毛穴が開いて黒い点に見える。
あごや髪の毛の生え際からフェイスラインにかけて、背中や胸などボディ部分の毛穴のある場所ににきびが出る。
これが大人にきびの症状です。
また、同じ箇所に再発しやすく、治った後ににきび跡(にきび痕)になりやすいという特徴もあります。
大人のにきびは思春期にできるにきびより原因が複雑で治りにくく、にきび跡も残りやすくなります。